コラム

マーケティング

MAツールとは?機能や導入のメリットを紹介

MAツールとは?機能や導入のメリットを紹介

業種や業界、BtoC、BtoBなど、あらゆる分野で「マーケティングオートメーション」や「MAツール」の導入が盛んになっています。これからのビジネスシーンに欠かせない存在となりつつあるMAツールの概要と主な機能、導入するメリットなどの基礎知識をまとめたので、これからマーケティングやMAツールについて学ぶ人はぜひ参考にしてください。

MAツールとは

MAツールとは、その名のとおり企業のマーケティングを自動化する「MA(マーケティングオートメーション)」を実現するためのシステムです。具体的には、MAにおける以下のプロセスをより効率的に行えるよう支援する機能が搭載されています。

■MA(マーケティングオートメーション)の流れ

  1. ターゲットリストの作成、更新
  2. 行動履歴を解析し、セグメントに分けてスコアリングを行う
  3. CRMなどと連携して見込顧客を管理
  4. リード育成を実施(メルマガ配信など)
  5. 「4」や営業活動のパフォーマンスを分析する

1~5のサイクルを効率的に回して、受注確度の高い商談を作ることがMAの目的です。そのために必要なMAツールの代表的な機能について、以下で解説します。

主なMAツールの機能

受注確度の高い商談を創造するには、見込み顧客に対して継続的にコミュニケーションを取ることが必要です。また、コミュニケーションの内容も、一人ひとりの顧客の興味関心や需要に適した情報を提供しなければなりません。さらにこれらを繰り返すなかで、顕在化したニーズを逃さずにアプローチするタイミングも常に計測する必要があります。

MAツールでは、主に「見込顧客情報の一元管理機能」、「リード育成のためのコミュニケーション機能」、「リード情報の計測と抽出機能」の3つに関わる機能に加えて、これらを自動化する機能も備わっていることが一般的です。具体的にはメルマガの自動配信のほか、ハウスリストなど外部情報をCSV形式で一括で取り込む機能、顧客の行動履歴の収集、キャンペーン管理、顧客のスコアリング、ニーズが顕在化したと思われる顧客のリアルタイムな通知などが挙げられます。

MAツールを導入するメリット

MAツールを導入して正しく運用することで、どのようなメリットが得られるのでしょうか。その代表的なメリットを3つ紹介します。

MAツールを導入するメリット1:業務効率化

MAツールを導入することで、従来、人的・時間的に大きなコストがかかっていた「顧客管理」や「キャンペーン管理」などを自動化し、工数を削減できます。また、マーケティング担当者の負担軽減だけでなく、ニーズが顕在化したユーザーの抽出漏れといったヒューマンエラーの防止や削減できた時間を新たなキャンペーンの企画作成にあてることで、マーケティング施策の生産性向上などにもつながります。

MAツールを導入するメリット2:高度な施策と分析を行える

一元管理による顧客情報の分析、コミュニケーション機能によって施策の結果が詳細に把握でき、適切なタイミングで「有望リストを抽出する」というマーケティングのゴールまで一貫して行えるため、人力によるマーケティングと比べるともより高度な分析を行えます。それを踏まえてPDCAを回すことで、施策自体の品質も高まるので、より質の高い商談を創出でき、成果を出し続けるマーケティングを実現につながるのです。

MAツールは正しく運用してこそ効果を発揮する

MAツールの概要と主な機能、メリットについて解説しました。MAツールは正しく導入・運用することで、マーケティングや営業活動にとても大きな良い変化をもたらしますが、そのためには自社に適した機能を有するMAツールの選定はもちろん、運用体制を構築する必要があります。マーケティングを支援するBizMate(ビズメイト)では、MA・CRMの運用代行などを行っており、成果を出すマーケティングオートメーションの実現をサポートしています。MAツールの運用に関する課題にお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

資料請求・お問い合わせはこちら

こんな記事も
読まれています

     

BizMateのメンバー紹介

資料請求・お問い合わせはこちら

活用事例

資料ダウンロード