コラム

マーケティング

HTMLメールとは?テキストメールとの違いも解説

デジタルマーケティングにおいて、顧客の購買行動を促したり、育成・関係を深めるために配信するメルマガ配信は重要な施策の一つとなり、配信するメールもテキスト・HTMLメールによってクリック率が大きく変わってきます。

今回は営業やマーケティングに携わる人は知っておくべきHTMLメールの概要とメリット・デメリット、さらにテキストメールとの違いについて解説します。

HTMLメールとは

HTMLメールとは、Webサイトの作成に必要不可欠な「HTML(HyperText Markup Language)」というプログラミング言語を使って作成するメールです。
Webサイトのように画像や動画を挿入できるほか、文字の色やサイズ変更もできるので、表現の幅が広がり、より自由で訴求力の高いメールを送ることが可能となります。

HTMLメールを作成する手法は、テキストエディタにHTMLを打ち込む方法とHTMLメールの作成機能を有したツールを利用する2種類に大別されます。
テキストエディタでHTMLを記述する方法はゼロコストで作成できる反面、HTMLとそれを修飾するCSSの言語の理解が必須です。

ビジネスシーンにおいてこれらの知識を習得するのは決して無駄ではありませんが、リードを育成するために多くのメールを作成するとなると、担当者の負担は大きくなってしまいます。

そこでおすすめなのが、HTMLメールを簡単に生成できるツールの活用です。詳細な機能はツールによって異なりますが、多様なテンプレートがあらかじめ用意されていることが多く、ドラッグ&ドロップとマウス操作で作成可能なものも多いため、HTMLの知識が少ない人でも比較的簡単にデザイン性の高いメールを作れます。

また、専門のツール以外にもCRM(顧客管理)ツールやMA(マーケティングオートメーション)ツールなどにもHTMLメールの作成機能が備わっている場合もあります。

テキストメールとの違い

テキストメールは普段から使用している「一般的なメール」で、基本的に文字だけで構成されるメールのことを指します。HTMLメールのように専門的な知識や特別なツールが必要ないのが特長で、BtoBのメルマガ配信においては採用される傾向が強いです。

その一方、テキストメールは「ーーーー」や「●」などの記号や段落分けなどでしか表現できないため、HTMLメールに比べるとデザインでの訴求力が弱いのがデメリットです。

HTMLメールを作成するメリットとデメリット

HTMLメールのメリットはデザイン性の高い訴求によりクリック率を向上させやすい点です。MA・CRMツールを使わずメルマガ配信を行う場合、テキストメールではメール内のURLのクリック率を計測するための「パラメータ」という文字列を追記して計測しますが、テキストで表示されてしまうため、ユーザーがクリックスルーしてしまう場合があります。
そのような場合でも、HTMLメールだとボタンデザインで表示させられるため、テキストメールと比較してリンクのクリック率が高い傾向にあります。

一方で「サーバーに負荷がかかりやすい」「受信側のメーラーシステムのセキュリティ、環境によって内容が正しく反映されない」というケースもありますが、HTMLメールを受信できない環境の人に自動的にテキストメールを配信できる「マルチパート配信」も実施することで機会損失の減少につながります。

例えば、キャンペーン情報を営業担当者が既存の取引先に送るときは、HTMLメールよりもテキストメールの方が安心感や信頼感が向上しやすく、返信やクリック率が上がることが考えられます。

逆にセミナーやイベントなどの告知は、クリック率を高める必要がある場合、HTMLメールを配信するなど、メルマガ配信ではメール送信の内容や相手によってメールの種類も使い分けることをおすすめします。

HTMLメールは正しい運用がカギ

HTMLメールはデザイン性の高い訴求力、リンクボタンによるクリックのため、テキストメールと比べて比較的クリック率が高くなる配信手法となりますが、メルマガ配信はメール作成、配信後の効果検証と改善施策が重要となります。このサイクルを正しく回し続けるためには、HTMLメールの作成と運用経験が豊富な人材が欠かせません。

オンラインアシスタントサービス「BizMate」では、メルマガ制作・運用代行を提供しております。新たにメールマーケティングに取り組む企業はもちろん、既存の施策の強化など多様な状況に合わせて柔軟な支援プランをご提示させていただきますので、メルマガに関するお悩みがありましたらぜひご相談ください。

資料請求・お問い合わせはこちら

こんな記事も
読まれています

     

BizMateのメンバー紹介

資料請求・お問い合わせはこちら

活用事例

資料ダウンロード