コラム

クリエイティブ

アシスタントデザイナーはWeb制作効率化に必須の人材!雇うメリットを紹介

Web制作会社はもちろん、Web制作部門を設けている全ての企業にとって重要なのが「アシスタントデザイナー」です。アシスタントデザイナーによる補助作業を上手に活用することで、業務の効率化や生産性の向上のほか、制作現場が抱える多くの課題の解決にもつながります。

そこで今回はアシスタントデザイナーの概要とメリットのほか、アシスタントデザイナーによる支援を受けたい企業におすすめのオンラインアシストサービス「BizMate」について紹介します。

アシスタントデザイナーの役割

アシスタントデザイナー(デザインアシスタント)は、主にプロのデザイナーの補助業務を行います。アシスタントデザイナーの採用が多い業界としては、デザイン事務所やWeb制作会社、建築事務所、広告代理店などが多く、Web制作会社においてはディレクターとデザイナーの指示で簡単なコーディングからバナー作成、HTMLメールの作成など様々な業務の補助を行っています。

アシスタントデザイナーを雇うメリット

アシスタントデザイナーが写真のスキャンや簡単な画像処理、レイアウトといった細かな作業などを補助してくれることで、コア業務に専念できる環境を構築することができます。その結果、制作物のクオリティ向上、納期の短縮と制作リソースの拡充といったクリエイティブの現場における様々な課題の解決に繋がります。

BizMateのアシスタントデザイナーの特徴

アシスタントデザイナーを雇うことで大きなメリットが得られる一方、業務効率を最大化するためにはいくつかの注意点もあります。

例えば、一般的にアシスタントデザイナーの志望者はデザインや業界未経験者、もしくは経験が少ない人材が多く、研修や教育に時間がかかってしまうケースも少なくありません。さらに作業のクオリティや制作スピードも、ディレクターが求めている水準を満たしてくれるとは限りません。

アシスタントデザイナーはプロのデザイナーと比べると、採用・人件費は安い傾向にありますが、それでも労力とコストをかけずにアシスタントデザイナーを活用したいディレクターは多いと思います。

そのような状況の中で、BizMateの制作アシスタント代行サービスは、各種サイトのデザインや構築の基礎知識、デザイン経験を有したスタッフがアサインするため研修が必要ありません。

また、ホワイトペーパーやデザイン性の高い資料やパンフレットの作成など、幅広い案件の業務補助を行えるので、未経験のアシスタントを雇用するよりスピーディに対応が可能となっています。クリエイティブ支援だけでなく、MAツールの運用やWebプロモーションなどセールス・マーケティングの知見もあるスタッフが在籍しているため、集客や販売促進のためのWeb解析・改善などの仕組みづくりに関わるスキルも提供も可能です。

単にクリエイティブを作るのではなく、売り上げに直結するクリエイティブの制作が可能なため、より効果の高い施策も行いやすくなるのも特徴の一つです。

アシスタントデザイナーは外部からの支援も検討を

アシスタントデザイナーの役割やメリットについて紹介しました。デザイナーの活用方法は多様化しており、雇用するのではなく外部のサービスを利用することも選択肢の一つとなりつつあります。オンラインアシストサービス「BizMate」は、クリエイティブ制作のほか、Webサイト更新、Webプロモーション、顧客対応業務まで、多忙なディレクターの手が届かない領域まで対応できるスタッフのアウトソーシングを承っております。ぜひ、各種アシスタント業務でお悩みの際はご相談ください。

資料請求・お問い合わせはこちら

こんな記事も
読まれています

     

BizMateのメンバー紹介

資料請求・お問い合わせはこちら

活用事例

資料ダウンロード