コラム

マーケティング

Web集客を始めるならアクセス解析は必須事項!アクセス解析が重要な理由を解説

Webサイトでの集客は適切にPDCAサイクルを回して運用し、改善を重ねることが必要不可欠です。さらにPDCAサイクルを回すための計画立案に欠かせないデータの収集に必須なのが「アクセス解析」です。
今回は、アクセス解析の基礎知識と最低限知っておくべき指標と収集したデータの活かし方について解説します。

Web集客をするならアクセス解析は必須

アクセス解析とは、Webサイトを訪れたユーザーの属性や流入後の行動、広告の費用対効果などを数値でチェックすることを指します。
競合サイトの公開、トレンドやユーザーの行動の変化、マーケティング施策のズレなど、いつでも集客ツールとして「完璧な状態」であるWebサイトは存在しません。そのため、アクセス解析を都度行い、後述する指標ごとに改善ポイントを把握して次の施策を実行する必要があります。
アクセス解析は前述したPDCAサイクルのうち、C(チェック)を担う重要な作業といえるでしょう。

アクセス解析で見るべき指標

アクセス解析で用いるツールは対象サイトや目的によって多種多様ですが、今回はWebサイトのアクセス解析で主に利用される「Googleアナリティクス」を例に確認すべき指標を紹介します。

ユニークユーザー数

ユニークユーザー(UU)とは、一定期間に訪問したユーザーの数を示す数値です。期間中であれば、同じユーザーが何度Webサイトを訪問しても「1UU」としてカウントされるため、純粋なサイトの訪問者数を把握することができます。

ページセッション

ページセッションとは、ユーザーが1回の訪問でWebサイト内のページにアクセスした数を示します。いわゆる「回遊率」を示す指標となり、ページセッションが高ければサイト内の多くのコンテンツを閲覧したことが分かります。

平均セッション時間

ユーザーが訪れたページを閲覧した時間を示す指標が平均セッション時間です。ページの閲覧を始めたタイミングで計測が始まり、Webサイトを離脱するまでの時間を算出しますが、最後に訪れたページのセッション時間は計測することはできません。

年齢、性別

訪問したユーザーの年齢や性別も確認することができます。広告などのユーザー属性ターゲティングの設定や検証などに役立ちます。

流入元チャネル

オーガニック検索、ソーシャル、メール、アフィリエイト、有料検索などユーザーがどのメディアを経由してサイトに訪問したかを把握することが可能です。チャネルごとの「流入数」と「直帰率」を明らかにできるので、集客に注力すべきチャネルとそれに適したマーケティング施策の策定に必要な指標となります。

アクセス解析で得たデータの活用方法

Web集客の最終目的である「コンバージョン率の向上」を達成するための手法は多種多様ですが、アクセス解析で得たデータを活用すれば適切な改善計画を作成することが可能です。その例をいくつか挙げてみましょう。

■アクセス解析の結果とデータの活用方法

解析結果 活用方法
ユニークユーザー数が少ない SEO対策の強化、もしくは対策キーワードを見直してユーザー流入数を増加させる
流入ユーザーの男女比が変動している Web広告などでターゲティングを変更するなどしてABテストを実施する
ソーシャルからの流入が増えている SNS広告とWeb広告の予算比率を変更する
ユニークユーザー数は多いが直帰率が高い UI、UXの向上を図るためのサイト改修、もしくは該当するランディングページのコンテンツ内容の見直しを図る

アクセス解析を活用してより良いサイトづくりを

アクセス解析の代表的な指標とその活用例を紹介しました。Web集客におけるコンバージョンの向上は、比較的長期間の運用改善を繰り返すケースが多く、改善にあたってはアクセス解析で得たデータを基に行うため、各データの見方と活用方法を理解している人材が欠かせません。オンラインアシストサービス「BizMate」では、Webプロモーションなどのマーケティング支援を行っております。アクセス解析を含めた作業のサポートも実施しているので、Web集客でお困りの際はぜひご相談ください。

資料請求・お問い合わせはこちら

こんな記事も
読まれています

     

BizMateのメンバー紹介

資料請求・お問い合わせはこちら

活用事例

資料ダウンロード