コラム

マーケティング

デジタルマーケティングとは?webマーケティングの違いや主な手法を解説

近年、様々なビジネスシーンで「デジタルマーケティング」という言葉が使われる機会が増えています。実際、BtoB領域においてもデジタルマーケティングの導入を検討する企業が増加しています。

ただ、デジタルマーケティングの意味はなんとなく理解できても、その具体的な施策やWebマーケティングとの違いがはっきりと分かる人は多くはないのではないでしょうか。そこで今回は、デジタルマーケティングの基礎知識とWebマーケティングの違いについて解説します。

デジタルマーケティングとは?

デジタルマーケティングとは、あらゆるIT技術やツールを駆使して自社の商材やサービスを効率的に販売・認知拡大するための手法のことです。

近年はスマートフォンやSNSの普及により、ECサイトで購入する前に実店舗で商品を確認したり、口コミサイトでレビューをチェックしながら店頭での購入を検討するなど、リアルとインターネットの境界線を超えた消費者行動が多様化・複雑化しています。

このような環境では、リアルとWebの両方で得られる幅広いデータを収集し、AIなどを用いて消費者の行動を分析することで、ユーザーの各段階に適切なアプローチを行う必要性が高まっているのです。そのアプローチの方法も、特典やキャンペーンの実施やメールでのフォローなど個々の消費者によって異なります。

つまり、デジタルマーケティングは様々な視点からユーザーの行動を収集・蓄積し、消費者や顧客一人ひとりに適したアプローチをリアルとWebの壁を超えて実施するマーケティング手法といえるでしょう。

Webマーケティングとの違いとは

デジタルマーケティングのうち、Webやインターネットに特化した手法のことを「Webマーケティング」といいます。つまり、Webマーケティングはデジタルマーケティングの1つの分野とも言い換えられます。

具体的には、Webマーケティングは自社のWebサイトの検索エンジンの上位表示を目指す「SEO対策」や「リスティング広告」、「リターゲティング広告」、「SNS広告」など、Web経由でターゲットや目的にあった施策などを検討します。その際に指標になるのは、主に自社のサイトの訪問者数やサイト内のトラフィックなどで、その数値を分析してコンテンツや広告の打ち方などの改善を図ります。

一方、デジタルマーケティングは自社のWebサイトや広告アカウントだけでなく、スマートフォンやタブレットごとのユーザーの行動履歴、公式アプリや地図アプリでの行動履歴、各種IoTツールで紐づけた商品の包括的データのほか、実店舗でのキャンペーンの反響といったリアルなデータも収集して活用します。

デジタルマーケティングの主な手法

デジタルマーケティングの手法にはどのようなものがあるのでしょうか。その代表的な例を確認してみましょう。

アプリの活用

Webマーケティングにはない手法の1つがアプリを活用したリアルマーケティングです。例えば、地図アプリを活用してユーザーが自社や店舗の周辺にいる際に広告や店舗情報などを表示することで、非常に確度の高い顕在層にアプローチしやすくなります。さらに地図アプリ上での検索履歴などのデータを収集できれば、貴重な行動履歴の分析にも役立ちます。

デジタルサイネージの活用

空調機やスピーカー、ゲーム機など様々なモノがインターネットとつながることが当たり前になった現在、公共施設や交通機関で掲示されている「デジタルサイネージ」の活用も、従来のポスターや動画広告よりも訴求力の高い広告方法として注目されています。

デジタルマーケティングは個々のマーケティングの積み重ね

デジタルマーケティングの基本的な情報について解説しました。デジタルマーケティングは高度で幅広いマーケティング手法ですが、個々の施策についてはWebマーケティングやリアルマーケティングなどが積み重なって成り立っています。より多くのユーザーの行動履歴を継続的に収集して、施策に反映させるためにもしっかりとした運用体制の構築が欠かせません。

また、MAやCRMツールにて収集した顧客情報を管理、販促活動も行わなければなりません。

オンラインアシスタントサービス「BizMate」は、マーケティングからセールスまで幅広い業務の支援を行っています。MAやCRMツールの運用代行などのノウハウと、経験が豊富なスタッフを迅速に個々の企業の課題や要望に合わせて配置することが可能です。デジタルマーケティングの導入、強化をご検討の際はぜひお気軽にお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせはこちら

こんな記事も
読まれています

     

BizMateのメンバー紹介

資料請求・お問い合わせはこちら

活用事例

資料ダウンロード