コラム

マーケティング

代表的なWebマーケティングの種類を解説。目的にあった施策はどれ?

近年、BtoBビジネスにおいてWebマーケティングに取り組む企業が増加しています。ただ、Webマーケティングには様々な種類があり、自社の商材やサービス、業界などに適したものを選ばなければ成果を挙げることは困難です。

そこで今回は、Webマーケティングの種類と具体的な施策について解説します。これからWebマーケティングの導入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

Webマーケティングとは?

Webマーケティングとは、インターネットを通じて効率的に自社の商品やサービスをより多くの人に認知、もしくは購入してもらう仕組みづくりや活動のことです。

BotBビジネスにおいても、インターネットの普及によって従来の対面での商談よりも先に見込み顧客が情報を収集できる環境が整ったことで、Webマーケティングによる「集客」や「販促活動」、「ブランディング」、「認知拡大」などの必要性が高まっています。

Webマーケティングの種類

Webマーケティングには様々な種類があり、施策によって予算も異なります。その代表的なものを解説します。

SEO対策

「SEO対策(検索エンジン最適化)」はGoogleやYahoo!といった検索エンジンに特定の検索ワード(キーワード)で、自社のコーポレートサイトやサービスサイトを上位に表示させるための施策のことです。
SEO対策を行うことでWebサイトの集客の強化や、より確度の高い見込み顧客の獲得につなげられます。

リスティング広告

広告料金を支払うことで、検索エンジンの検索結果にWebサイトを上位表示させられるのがリスティング広告です。一般的に検索キーワードに対してオークション形式で入札が行われて順位が決定します。そのため、競合が多いキーワードほど入札単価は高くなります。

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告は成果報酬型の広告のことです。基本的に他のWebサイトで自社の商品やサービスを訴求してもらい、実際にユーザーが「購入」や「資料請求」、「会員登録」などのアクションを行うと報酬が発生します。

アドネットワーク広告

様々なサイトの広告枠にまとめて自社の商品やサービスの広告を配信できる仕組みのことをアドネットワーク広告といいます。非常に効率的に広告を配信できる一方、配信先を選ぶことはできません。

SNS広告

FacebookやTwitter、YouTubeなどのソーシャルメディアの広告枠のことです。その機能やリーチできるユーザー層は各SNSによって異なりますが、年齢や地域、職業、興味関心といった利用者の属性をセグメントして配信できることが一般的です。

目的別Webマーケティングの施策

前述した施策はマーケティングの目的やターゲットによって分野が異なります。それぞれの目的や適したターゲットについて掘り下げてみましょう。

SEO対策の目的

SEO対策は上位表示するキーワードとコンテンツの内容によって、顕在層と潜在層の両方にアプローチできます。顕在層の場合は「課題解決」などの商品やサービスの問い合わせに直結するキーワードの上位表示を目指すことが一般的です。

一方、潜在層にアプローチする際は「顧客育成(リードナーチャリング)」を目的としたキーワード設計が必要になります。自社のイメージにつながりやすいキーワードを選定することでブランディングも図れます。

リスティング広告・アフィリエイト広告

リスティング広告は「今すぐ商品が必要」である顕在層へのアプローチに有効です。また、その目的も問い合わせや資料のダウンロードといった商品やサービスの購入につながりやすい指標とすることが一般的です。

また、アフィリエイト広告も成果報酬が基本であるため、顕在層が主なターゲットになります。

アドネットワーク広告・SNS広告

多くの人が自社の広告を目にする機会を増やすことによる「認知拡大」が主な目的です。

Webマーケティングの成功は正しい運用が不可欠

Webマーケティングの種類とその目的について解説しました。Webマーケティングで成功するためには導入時はもちろん、適切な運用体制の構築も重要なポイントになります。オンラインアシスタントサービス「BizMate」では、MA・CRMツールの運用代行から顧客対応業務まで幅広いマーケティングの支援を行っています。人員不足やコストなど、マーケティングに関わる様々な課題解決に対応しているので、ぜひ一度、お気軽にお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせはこちら

こんな記事も
読まれています

     

BizMateのメンバー紹介

資料請求・お問い合わせはこちら

活用事例

資料ダウンロード